改めてPCDJソフトをまとめてみる【2018年版】

Pocket

どうも、流兎です。

イベントで機材を全部持ち出した後って、持って帰ってきてから家でブース組むのすごく億劫になります。
台やスピーカー、文字通り全部持ち出してるので現場でDJブースと音響機器全部構築するのと変わらない労力が待ち受けております。

さてさて今回は改めてDJソフトってどんなのがるの?っていうのまとめてみます。
偏見だらけの適当なまとめになるので真に受けすぎないように参考程度にどうぞ!

DJソフト、どんな種類があるの?

このブログ見てる方ってけっこう検索から飛んできてる人が多いみたいで、中でもこれから始めるって人が目立つようなので簡単にまとめてみます。

PCDJ用

・rekordbox dj(Pioneer DJ)

言わずもがなPioneer DJさんの自社製品。
PCDJソフトとしての歴は浅いものの、圧倒的ハードウェア市場とフィードバックでおそらく一番人気。
rekordboxは楽曲管理ソフトとして無料で利用出来て、PCDJ用のrekordbox djの機能を使うには課金が必要です。
とは言っても、現状Pioneer製品に高確率で付けてきてるので最も手が出しやすいPCDJソフトだと思います。[公式サイト]

・Serato DJ(Serato)

セラート・オーディオ・リサーチ社によるPCDJソフト。
2015年に開発・サポートが終了したSCRATCH LIVEの後継。
世界で普及率No.1のトップシェアってどこかに書いてありました。
直感的に操作がしやすい親切設計とシンプルな接続が初心者にはとても優しいと個人的には思います。
無償版Serato DJ Liteと有償版Serato DJ Proがありますが、ハードウェア自体を認証して起動するので機材によっては無料でSerato DJ Proが使えたりもします。
ですが、他社にはない最強プラグイン「PITCH’N TIME DJ」を使うなら迷わず課金しましょう。[公式サイト]

・Traktor(Native Instruments)

rekordbox djが出る前はSerato DJと人気を二分していたと言われるPCDJソフト。
長いこと音沙汰なしだったTraktorですが、つい最近大幅なアップデートがあったみたいです。
でもごめんなさい、Traktor詳しくないので解説できません。
使ってる人が「音質は良くないけど使ってしまうとTraktorしか使えなくなる」って言ってました。[公式サイト

・VirtualDJ(Atomix Productions)

アニソンDJ界隈ではむしろVJソフトとして人気のソフト。
ここまでに挙げているソフトの中ではトップクラスの自由度ですが、癖はあります。
LE、HOME、PRO等バージョンがいくつかあります。
LEはLimited Edition、つまりハードウェア限定版。
HOMEは所謂無償お試し版、PROは機能制限なしの製品版。
すべての機能をキーアサイン出来るので、たとえ専用コントローラがなくてもマッピング出来てしまいます。
オーディオデバイスもなんでも選べてしまうので、接続さえ出来るなら機材を選びません。
ただまあ、入門でやることではないので、よくわからないなら専用のもの用意しましょ。[公式サイト

・Mixxx

ここまで挙げたものとはちょっと違うやつ。
上記4ソフトは何かしら機材を買えば付属してたり使えるようになったりすることが多いので、最初に機材を買ってしまえばだいたい上の4つのどれかに触れることになります。
機材買う前にちょっとでもどんな感じか体験してみたいって人向けに載せておきます。
Mixxx、フリーソフトです。[公式サイト

iPhone、iPad、もしくはAndroid用

・WeDJ

Pioneer DJのスマホアプリ。
対応ハードウェアがほぼ一個しかない。
iPhoneだけでも手軽に遊べるので、ちょっと触ってみたいとか思いついた繋ぎを試してみたりとかするのには便利かも。
iPhone版は120円、iPad版は600円。[公式サイト

・djay2

iOS版もAndroid版も出ているモバイルDJアプリ。
WeDJほどではないけどPCDJに比べるとやっぱり対応ハードウェアは限られる。
WeDJでも書いたけど、スマホだけでも手軽に遊べるのでちょっと触ってみたいとか思いついた繋ぎを今すぐ試してみたりとかするのにはわりと便利かも。
ただ、現状他にない機能として挙げておかないといけないのがSpotify対応というところ。
SpotifyをDJ中に使えてしまうんです。
実はわりと注目しています。

さいごに。

ぐだぐだと適当に列挙してみました。
全然説明にもなってないので機会があれば個別に記事にできればいいなと思ったりもしますが、如何せん筆が遅いし腰が重いのであまり期待はしないでください。

もし気になったソフトがあったら自分でも調べてみてください。
間違いなく色々書いてくれてる人がいますので。

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ